渋谷と原宿の間の美容室 December|ディッセンバー

MAGAZINE

マガジン

足踏みするプロジェクトたち

こんばんは。

 

今日は昼から内職仕事でサロンにきて打ち合わせなどなど。

撮影を終えていたスタイリストを捕まえて1時間も付き合わせてしまいました。

 

話の内容99%僕の話。きいてくれてありがとう笑

画像1

さて、今日はここ最近のことについて書きたいとおもいます。

 

今日はこぉいう話です。みたいなのはなくて、今直面していることや、やろうとしていることを僕自身がそこから逃げないように書いていこうとおもいます。

(アドバイスのコメントぜひください)

 

コロナが落ち着いて、5.6月はどこも美容室は待ってくれていたお客様の周期もあいまって、沢山のご来店があったとおもわれます。

Decemberもそうです。

お客様ありがとうございます。

 

やりがいも再認識したスタッフたち、7月はどぉでしょうか?

サロンは前半少しゆるやかな感じです。が、6月とかわらない着地予想。

 

周期のズレと、わざわざ今感染者増えてるときにいかなくてもという自粛と、仕事が忙しくなっている、梅雨あけもおくれてるし、という4つが重なって少し例年よりは緩やかかなぁと。

 

きっとこのあとの7月末から8月前半にかけて、ご来店が増えるとおもいますし、今年は旅行も帰省も難しいこともあってお盆もご来店がいつもより増えるといいなぁと思っています。

 

そんななか、Decemberは出店を考えています。

 

秋から冬にかけて、また大変な流行がくるかも?!というのになぜ今出店か。

 

それは、もしまた感染流行で自粛モードになったときに自粛があけたら周期の乱れからお客様が集中するからです。

 

安心して密を防げる場所が確保されていないと、滞在人数をセーブすることで、予約のとれないお客様が増えてしまうからです。今回がそう。

 

セーブすることでご来店できなかったお客様が来れるようになれば、新店舗の家賃分売り上げはなんとかカバーできそうです。

 

だから今。そぉ考えています。

 

また、コロナの医療危機や九州災害など、大変な思いをされている方々をここ何ヶ月かでものすごく感じて、「ぼくたちが社会にとってすこしでも役にたてたら、、、」という想いから、

 

お客様の働く医療機関に夏用シャンプーを130本お配りしたいと考えています。

 

シャワーの時間だけでも、すっきりとした気持ちになってくれたら。

 

なにもできないけど、気持ちだけでも応援できたらと考えています。

 

あとは、、今すぐではないけど、そぉ遠くないうちに

 

【Decemberらしいデザインのノウハウ】

みたいなものもコンテンツでお届けできたらと考えています。

Decemberのスタイルは、らしさや、っぽさ、があります。

実はこれ、明確に定義があります。

 

コンサルからビジュアルデザインまでの内容を、もし興味のある美容師さんがいたりしたらお届けできたらいいなぁ。そんなふうに考えています。

 

もし、またお客様が東京に来れなくなったときに、離れたところでも美容師さんを紹介できたらこれはやる価値があるかなと考えています。

 

ざっくりこんな感じで、他にも進めたいプロジェクトあるんですが、またすすんだらご報告できるように、仕事に精をだし、準備していきます。

 

まだスタッフにも伝えてないようなことも書いちゃいましたが、明日スタッフには伝えるとして。笑

 

なかなかうまく事が進まず、実は7月足踏みしています。

 

やりたいこと、やらなきゃいけないことはあっても、なかなか思うようにはいかないもんですね。

 

ただ、妥協しながら進むのはイヤなので、一歩一歩状況を見極めて慎重に、

 

そしていくときは大胆に進めていきたいとおもいます。

 

お客様と一緒に商品つくるのも楽しそうだなぁぁぁ

 

なんてのも考えてます笑。

 

意見あればぜひください☺︎

 

それでは今日はこの辺で!

 

今週も気を引き締めつつ楽しんでいきましょうね!

 

 

December北田

SALON INFO /

3F, JSzinguumaePROPERTY, 6-18-14, Jingumae,
Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001, Japan